Now Loading...

NEWS

お知らせ

ネットフェンスの特徴をご紹介

  • 2021.08.20

ネットフェンスは公園や学校のグラウンドなどでよく目にするひし形に編み込まれた金網フェンスのことです。

道路に設置されるだけでなく、住居のエクステリアや外構・庭の境界用の外柵や、ドッグランの仕切りとしても使用されています。

 

ネットフェンスは材料を針金状に細くしたものを、網目状に編み込んでいるため接合部がありません。

接合部がないことで材料本来の丈夫さと、衝撃を吸収するしなやかさを兼ね備えているという特徴があります。

材料が鉄製の場合は錆びてしまうため、フェンスの表面は塗装やメッキ処理などの表面処理がされています。

コストはかかりますが、見た目も良く、腐食に強く鉄製よりも寿命が長いステンレス製のネットフェンスもございます。

 

ネットフェンスはネット巻き網とも呼ばれ、巻き網の特徴を生かしてフェンスの施工範囲が広い場合に選択されることが多くあります。

これは一般的な外柵よりもネットフェンスの方がコストを抑えて施工することができるからです。

また、ネットフェンスは見通しがよく、通風性・採光性にも優れていますので、フェンスの設置をご検討の方は

ぜひネットフェンスについても比較検討いただけると幸いです。

 

静岡県でフェンス設置をお考えの方はロード・ワンまでお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム